Help!パサパサ傷んだ髪

髪の傷みや頭皮のかゆみ・抜け毛などに悩む人を助ける情報いっぱいあります。

キューテック(CUTECH)の革新的!な泡のシャンプー&トリートメント

2018/12/07

洗うときの髪への負担を軽くする、キューテック(CUTECH)のシャンプー&トリートメントは、どちらも泡(フォーム)タイプというのが大きな特徴です。

泡のシャンプーは聞いたことがある人も少なくないでしょうけど、泡のトリートメントは、私も含めて初耳の人が多いと思います。

体験レビューの前にまずはこのキューテック(CUTECH)のシャンプー&トリートメントがどういうものなのか?どうして泡で出てくるのか?を知りましょう。

キューテック(CUTECH)をよく知らない人はまず、総合的な情報をシェアしてあります以下のページをご覧ください。

気になっていた泡のシャンプー&トリートメント キューテック(CUTECH)ゲット!

キューテック(CUTECH)の泡のシャンプー&トリートメントとは

キューテック(CUTECH)のシャンプー&トリートメントは、大事な髪を傷つけたくない人向けのアイテムです。

ふわもこの泡で髪を守りながら洗うだけでなく、髪の強度をアップさせることもできます。

それでいて軽やかな仕上がりになるのは、どうやら泡が秘訣のようです。

摩擦から髪を守るキメが細かくふわもこの泡

上の写真は、左・キューテック(CUTECH)の泡シャンプーと右・某メーカーの子ども用泡シャンプーを同じ回数プッシュした比較です。

液状シャンプーで洗う際、髪で泡立てていませんか?

手で泡立てるよりよく泡立ちますが、同時に髪に摩擦という負担をかけている状態になります。

摩擦をかけ続けていれば、どんなにキレイな髪も傷んで弱っていきます。

自分でここまで泡立てるのは至難の業ですが、キューテック(CUTECH)は最初からふわふわもこもこのボリュームある泡が出てくるため、髪にシャンプーを泡立てるための摩擦という負担をかけずに済むのです。

トリートメントも泡の理由

クリーム状の一般的なトリートメント(コンディショナー)は、約20%が油分です。

これは、クリームという形状にするために必要な油分の量なので、泡状トリートメントのキューテック(CUTECH)は1%台しか油分が含まれていません。

まとまりがなくパサパサでツヤがない髪には油分が必要なのですが、上にも書いたようにキューテック(CUTECH)のシャンプー&トリートメントは大事な髪を傷つけたくない人向けのアイテムです。

だから油分の代わりに、キレイな髪を維持するために必要な成分が豊富に含まれていて、泡状なので、有効成分も髪の内部まで浸透しやすいそうです。

おまけに、髪を乾かす時間も短く済むそうなので、これは体験レビューで本当かどうか?確かめたいと思います。

髪の傷みをどうにかしたい人は、集中補修トリートメントをおすすめします。

何がスゴイ?キューテック(CUTECH)の集中補修トリートメント

キューテック(CUTECH)泡のヒミツ

コロンとした丸みのあるボトルがかわいいですよね。

でもこのボトルは、ただかわいいだけじゃなく、泡のシャンプー&トリートメントのために作られた専用容器だそうです。

プッシュ部分にある泡を細かくするメッシュは、一般的なものより1枚多く、網目も約1.7倍の細かさだから、平均的な毛穴と同じサイズ(0.2mm)の泡が作れるとのことです。

そして1プッシュで3ml、一般的な泡容器の4倍以上の泡が出るというから驚きました。

どうりで同じ回数プッシュしても、市販とは量が違うんですね。

この泡のおかけで、髪に“こすりダメージ”を与えることなく毛穴の中までしっかりムラなく洗えるようになっているのでしょう。

キューテック(CUTECH)泡のシャンプー&トリートメント まとめ

キューテック(CUTECH)のシャンプー&トリートメントが泡である理由がわかりました。

泡であることで、摩擦から髪を守りながら洗うことができ、余計な油分を髪につけることなく有効成分を効率的に浸透させることができるのですから、キレイな髪を維持したい人にぴったりのアイテムといっていいでしょう。

軽やかに仕上がり、乾かす時間も短く済むといううれしいおまけもついてくるとのことなので、早速使ってレビューしました。

使ってみました!キューテック(CUTECH)泡のシャンプー&トリートメント

すぐにでも使ってみたい人はこちら▼

-シャンプー
-