Help!パサパサ傷んだ髪

髪の傷みや頭皮のかゆみ・抜け毛などに悩む人を助ける情報いっぱいあります。

クレンジングシャンプーとは?成分・メリット・デメリット比較

2017/11/08

シャンプーの種類にも簡単に書きましたが、ここでさらに詳しくクレンジングシャンプーのことを書きます。

クレンジングシャンプーの基本的な情報や成分からクレンジングシャンプーを使うメリット・デメリットまで、クレンジングシャンプーのことをよく知りたいなら必読です。

クレンジングシャンプーAtoZ

クレンジングシャンプーとはどういうものでしょう?

クレンジングシャンプーで頭皮クレンジングできるのでしょうか?

詳しく知っていきましょう。

クレンジングシャンプーとは?

いつものシャンプーで取り除けない、頭皮の毛穴につまった余分な皮脂や汚れをしっかり落とすシャンプーです。

クリームやワックスなどの整髪料もきれいに洗い流せます。

クレンジングシャンプーの成分

市販のクレンジングシャンプーの成分を調べたら、ラウリル硫酸Naなど石油系シャンプーと同じ洗浄成分が入っているものがけっこうありました。

石油系はたしかに汚れ落ちはいいですが、髪や頭皮への刺激も強いです。

髪や頭皮への刺激を少なくするためにアミノ酸系やベタイン系の洗浄成分を配合しているクレンジングシャンプーもありますが、どちらも穏やかな洗浄力なので果たしてそれでクレンジングの効果はあるのか?疑問が残ります。

クレンジングシャンプーのメリット

クレンジングシャンプーを使うメリットはズバリ、汚れ落ちがいいことです。

頭皮の毛穴につまった余分な皮脂や汚れはもちろん、セットした髪についている整髪料もしっかり落とすことができる洗浄力の強さです。

クレンジングシャンプーのデメリット

メリットでもある洗浄力の強さがデメリットでもあります。

汚れをきちんと落とすには強い洗浄力が必要ですが、そのせいで髪や頭皮を傷める可能性があることは否定できません。

クレンジングシャンプーで頭皮クレンジングできる?

頭皮の毛穴につまった余分な皮脂や汚れを落とすのがクレンジングの目的です。

もちろんシャンプーでできます。

でも頭皮クレンジングを考えている人は、髪や頭皮に傷みや乾燥・抜け毛などのトラブルを抱えている人も少なくありません。

そういう人は、クレンジングシャンプーにこだわらなくていいと思います。

ちょっと根気はいりますが、今使っているお気に入りのシャンプーと正しい洗い方で毎日コツコツ頭皮を揉み洗いしていけば、毛穴のつまりは徐々に解消されていくでしょう。

STOP!かゆみ・乾燥・臭い・フケ 頭皮をケアする洗い方5ステップ

今使っているシャンプーに問題を感じているようなら、まずは洗浄成分(石油系アミノ酸系ベタイン系石鹸シャンプーオイルシャンプー?)を見直しましょう。

クレンジングシャンプーAtoZ まとめ

クレンジングシャンプーは名前の通り、強い洗浄力を持ったシャンプーであることがよくわかりました。

洗浄力の弱いシャンプーは二度洗いしなければ整髪料を落とせませんが、クレンジングシャンプーなら1回ですっきり洗い流せるでしょう。

頭皮の毛穴につまった皮脂や汚れをしっかり落とせるという点もとても魅力的です。

でもその強さは、髪や頭皮への刺激になることも忘れてはいけません。

今回いろいろ調べた私は、落としたい汚れの度合いと自分の髪や頭皮の状態を見極めて使い分けるのが賢いクレンジングシャンプーの使い方だと感じました。

クレンジングシャンプーを選ぶポイント

クレンジングシャンプーを選ぶときは、洗浄成分に注目しましょう。

石油系シャンプーと同じラウリル硫酸Naなどが入っているものもあれば、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリルのようなメイク落としに使われている成分のものもあります。

他にもいろんなシャンプーがあります

その種類が気になる人は以下ページも併せてご覧ください。

【シャンプーの種類】うるツヤ美髪のために知っておきたい11種

-シャンプー
-