Help!パサパサ傷んだ髪

髪の傷みや頭皮のかゆみ・抜け毛などに悩む人を助ける情報いっぱいあります。

髪の静電気を即効おさえる方法と予防策はこれ!

2019/09/22

静電気でぼわっと広がってしまった髪を即効おさえる方法3つと髪に静電気が起こる原因から行う予防策を紹介します。

髪に静電気が起きやすくて困っている人必見です。

髪の静電気を即効おさえる方法と予防策

まずは髪に静電気が起きてしまったときにすぐおさえられる方法です。

髪の静電気を即効おさえる方法

髪に静電気が起きてしまったときに即効おさえられる方法は3つあります。

ヘアスタイリング剤をつける

ヘアスタイルを直せるように持ち歩いているワックスなどのスタイリング剤があるならそれをつけてなじませるだけで髪の静電気をおさえられます。

↓こういうシートタイプは持ち歩きも手軽ですね。

髪にオイルやクリームを塗る

スタイリング剤がない場合はワセリンやハンドクリームで代用できます。

メイク直し用にオイルや乳液・保湿クリームなどを持ち歩いているならそれも使えます。

化粧水のような水分の多いものではなく油分の多いものを使ってください(理由は後述)。

手になじませてから髪をおさえると静電気もぴたっとおさまります。

いい香りのハンドクリームを使うと動くたびに髪からもいい香りがして気分もアガります♪

静電気を放電する

机や壁・床など金属以外の素材が使われている場所をさわると溜まっている電気を放電できて髪の静電気もおさまります。

指先でさわるとパチッときますから、手のひらでペタペタとさわりましょう。

強い静電気だった場合や乾燥した手でやったら効果はあまりないですが、素手で髪をぎゅっと握ることでも放電できます。

絶対にやってはいけないこと

髪の静電気をおさえるのに効果的とよく紹介されていますが、髪を傷めたくないなら絶対にやってはいけないことがあります。

水で髪をぬらす

静電気の原因が髪や空気の乾燥だと知っている人が犯しがちなミスです。

水にぬれている間はおさまっているように見えますが、乾いたらまたすぐ静電気が発生してしまいます。

おまけにぬれた髪が自然乾燥していくと同時に髪から水分と栄養も抜けていきます。

手軽で即効性はあるものの、静電気をおさめる効果も一時的な上に髪を傷めてしまう最悪な方法なのです。

髪の静電気を予防する方法

髪に静電気が起きる原因は乾燥と摩擦、そして体内のイオンバランスです。

それに基づいた予防策を紹介します。

髪を保湿・保護する

髪そのものが乾燥していると静電気も発生しやすくなります。

トリートメントやオイルでしっかり保湿・保護しましょう。

トリートメントはアウトバスタイプが人気ですが、お風呂で洗い流すタイプでも効果は充分あります。

オイルは1~2滴を、洗髪後の髪になじませます。

乾いた髪に使う場合は1滴を手のひらにしっかり広げて毛先からもみこむようにつけるとベタつきません。

ヘアオイルの上手な使い方も参考にしてください。

ヘアオイルの上手な使い方7つを知ってうるツヤ髪を手に入れよう!

肌をうるおす

髪と同じく体も、乾燥していたら静電気は起きやすくなります。

空気が乾燥しているときはいつもより多めに保湿のスキンケアをする、お風呂に入ったり運動をして汗をかくなど肌がうるおった状態を保つようにすると静電気は起きにくくなります。

水を飲む

肌同様、体の内部が乾燥していても静電気は起きやすい状態です。

こまめに水を飲んで体内のうるおいを保ちましょう。

水以外の飲み物でもいいですが、カフェインや砂糖・人工甘味料には利尿作用がありますのでそれらが入っていないものを選んでください。

部屋の湿度を高くする

髪や体と同じで空気も乾燥していると静電気が発生しやすいです。

こちらのサイトによると湿度が35%以下になると静電気が発生しやすくなるそうで、65%を超えると発生しにくくなるだけでなく自然放電もするとのことです。

自宅には加湿器と湿度計をおいて適切な湿度を保ちましょう。

職場ならデスクに卓上のUSB加湿器や電気を使わない簡易加湿器を置けるといいですね。

加湿器を使うことができない場所では温かい飲み物を顔の近くに持って過ごすのが一時しのぎだけど効果があります。

洋服など身につけるものの素材を替える

洋服やマフラー・バッグなど、ウールやポリエステル・ナイロンといった摩擦で帯電しやすい素材のものを身につけていると髪の静電気も起きやすくなります。

静電気が発生しにくいのは綿や麻・シルク(絹)・レザー(皮革)といった天然素材ですが、こちらのページによると吸水性の高さがポイントなので化学繊維でもジャケットなどの裏地によく使われているキュプラは帯電しにくいそうです。

くし・ブラシを替える

プラスチックやナイロン製のくし・ブラシは摩擦で髪に静電気が起きやすいです。

髪の静電気を防ぎたいなら洋服と同じ吸水性の高さで選びましょう。

獣毛や木などの天然素材で作られているくし・ブラシがおすすめです。

体内を弱酸性にする

体内は通常、弱酸性ですがアルカリ性に傾いていると髪に静電気が発生しやすくなります。

上にも挙げた「水分をとる」やミネラルの多い食べ物を摂ることで改善できます。

日本医師会によるとミネラルは小魚類やコンブなどの海藻類・ナッツ類などに豊富だそうです。

体に溜まった電気をこまめに放電する

どんなに対策しても髪に静電気が起きてしまうことはあります。

でも、パチッとくる前に体に溜まった電気を放電すればその頻度は減らすことができます。

即効おさえる方法でも紹介した、机や壁・床など金属以外の素材が使われている場所をこまめにさわって髪に静電気が起きないように予防しましょう。

家や職場などよくいる場所で起きる髪の静電気には除去シートを貼っておくといいですよ。

髪の静電気をおさえる方法と予防策 まとめ

髪の静電気をおさえる方法3つと予防策7つを紹介しました。

原因がはっきりわかると予防策もちゃんと効果のあるものだけが見えてきました。

今後もしもまた髪に静電気が起きたら、乾燥・摩擦・体内のイオンバランスのいずれかがいい状態ではないということを思い出してすぐケアしましょう。

-髪の傷み, ボリューム, 習慣