Help!パサパサ傷んだ髪

髪の傷みや頭皮のかゆみ・抜け毛などに悩む人を助ける情報いっぱいあります。

ココナッツオイルで髪のケア、効果的な3つの使い方

2019/09/22

fbf54202a9952a37001077059e3d8b75_s

ココナッツオイルは特に美容方面でとても人気がありますね。

保湿やアンチエイジングといった効果から注目を集めているようですが、髪に使った場合はどうなのでしょうか?

ココナッツオイルで髪をケアする方法はネット上にも探せばたくさんありますが、せっかくやるなら効果的な使い方をしたいですよね。

食用として人気が高いオイルなので髪に使うことに抵抗がある人もまだ少なくないでしょうけど、効果とそれを最大限にする使い方を知ればきっと今すぐココナッツオイルで髪のケアをしてみたくなりますよ。

ココナッツオイルについて

使い方の前にまずは、ココナッツオイルがどういうものか?基本的な成分と、髪に使うとどんな効果があるのか?を知りましょう。

ココナッツオイルの成分

ココナッツオイルは、ココナッツの果肉から抽出した植物性油脂ですが、母乳の主成分で飽和脂肪酸の1つ“ラウリン酸”が豊富に含まれています。

このラウリン酸には、肌を菌や紫外線から守って弱酸性に保つことができるだけでなく、高い保湿効果もあります。

だから、アンチエイジングなど美容での人気が高いんですね。

ココナッツオイルの髪への効果

美容でも大人気のココナッツオイル、髪に使った場合はどのような効果があるのか見ていきましょう。

潤いを与える

ヘアカラーや紫外線・ドライヤーの熱などで乾燥してパサパサに傷んだ髪も、ココナッツオイルでケアすれば、潤いが戻ってしっとりツヤツヤした髪になります。

また、使い方によっては頭皮の保湿もできますので、薄毛や抜け毛を予防する効果もあります。

栄養がたっぷり浸透する

ココナッツオイルは粒子がとても細かいので、ビタミンやミネラルなどの栄養が髪の奥までしっかり届き、枝毛や切れ毛を防止します。

髪が早く伸びる、育毛、発毛

栄養がたっぷり浸透するためか、ココナッツオイルでケアしている人からは「髪が伸びるのが早くなった」という声が多数聞かれます。

頭皮マッサージをすれば毛穴にも栄養が浸透し、育毛・発毛効果も期待できるでしょう。

効果的に髪をケアするココナッツオイルの使い方

ココナッツオイルで髪をケアする方法はいくつかありますが、その中でも特に効果の高い使い方を紹介します。

ヘアパック

ココナッツオイルの効果を最大限に発揮させるなら、ヘアパックが最適です。

ココナッツオイルを大さじ1程度手にとって広げ、髪と頭皮全体に塗って蒸しタオルを巻いて15分ほど温めます。

乾燥してパサパサ傷んだ髪が気になる人は、毛先にしっかりと揉みこむようにココナッツオイルを塗りましょう。

頭皮には、軽くマッサージするように塗り込みましょう。

入浴中に行えば、バスルームの温もりでココナッツオイルが液状になりやすいため、頭皮の毛穴にも髪にもすんなり栄養が浸透します。

15分経ったら通常通りにシャンプーしましょう。

ココナッツオイルの香りが気になってよく洗ってしまう人もいるかも知れませんが、髪を乾かせば香りは自然に消えますから、洗いすぎないように気をつけてくださいね。

傷みがひどいときやもっとしっかりケアしたいときはココナッツオイルの量ではなく、パックする時間を30分に増やしましょう。

1回で効果を感じられる人が多いので、頻度は週1回で充分だと思います。

アウトバストリートメント

別名「洗い流さないトリートメント」。
その名の通り、洗髪後の髪に塗って洗い流さず乾かすココナッツオイルの使い方です。

ココナッツオイルを手のひらに小さじ1ほど乗せて、毛先からスタートして髪全体に揉みこみ、タオルドライのあとドライヤーで乾かします。

直接ココナッツオイルの成分を浸透させることができる上、外気や紫外線だけでなく、乾かす最中のドライヤーの熱からも髪を保護できる一石二鳥の使い方です。

使うココナッツオイルの量にはくれぐれも気をつけてくださいね。

平均的な毛量の人なら小さじ1で充分です。

傷みがひどいときは、量を増やすのではなくヘアパックもやりましょう。

毎日やると髪のすみずみまで栄養が行き渡り、枝毛や切れ毛が少なくなってくるのを実感できると思います。

スタイリング

こちらは、アウトバストリートメントであまり効果が感じられなかった人におすすめです。

使い方はとっても簡単♪

ココナッツオイルを少量、ドライヤーで乾かした髪に(毛先を中心に)塗るだけです。

たったこれだけで翌朝サラッサラの髪になります。

髪に何かをつけて寝ることに抵抗がある人は、朝のスタイリング剤として同じように使うのもいいでしょう。

「今日はちょっと乾燥してるな」と感じるときに適宜やりましょう。

ココナッツオイルの髪への効果・使い方 まとめ

成分について調べてみたら、ココナッツオイルは栄養が豊富で粒子が細かく髪にも浸透しやすいということがわかりました。

それがわかると、ヘアパックやアウトバストリートメントが効果的な使い方だと心から納得できますね。

また、他の油ではなかなか難しい朝のスタイリングに使うことができるのも、粒子が細かいココナッツオイルならではでしょう。

ココナッツオイルならではの甘い香りは、乾燥した状態で塗ると時間が経っても多少は残ってしまいますが、ヘアパックや濡れた髪のトリートメントに使った場合はドライヤーで乾燥したあとはほとんど香りが残りません。

それから。

食用に買ったけど食べずに残っているものを髪に使うのは悪くないですが、食べやすく精製されたココナッツオイルには添加物が入っている可能性があります。

残り物を使う場合も新たに買うときも、未精製のバージンココナッツオイルであることを確認してから髪のケアに使うようにしてくださいね。

髪のケアにいいココナッツオイルも、値段が高かったら普段使いはできません。

でも髪は毎日さまざまなストレスに晒されて傷みやパサつきが起こりますから、うるツヤ髪を保つには日々のケアがとても重要ですよね。

だから毎日使ってもお財布への負担が軽く、品質のいいものを探し出しました。

それが、マンデイムーンココナッツオイル・未精製・オーガニックです。

生分解される地球にやさしいecoペットボトルか送料の安いアルミパウチか、容器を選んで(同じお値段で)買うことができます。

マンデイムーンのココナッツオイルは購入はこちらからどうぞ。
≫公式サイト
Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ヘアオイルの使い方は他にもいろいろあります。

ここで紹介していない使い方もやってみたいという人は、以下のページも是非ご覧ください。

ヘアオイルの上手な使い方7つを知ってうるツヤ髪を手に入れよう!

-オイル
-