Help!パサパサ傷んだ髪

髪の傷みや頭皮のかゆみ・抜け毛などに悩む人を助ける情報いっぱいあります。

STOP!かゆみ・乾燥・臭い・フケ 頭皮をケアする洗い方5ステップ

2017/11/09

いろいろな頭皮ケアがありますが、洗い方は基本でもっとも重要な方法です。

逆に言えば、洗い方さえちゃんとしていれば、頭皮の悩みはほとんど解決できるといっても過言ではないでしょう。

頭皮のかゆみ・乾燥・臭い・フケをケアする洗い方を5つのステップで紹介します。

頭皮をケアする洗い方5ステップ

まずは頭皮のかゆみ・乾燥・臭い・フケをケアするステップを簡単に紹介します。

  1. 下準備
  2. 予洗い
  3. 泡立て
  4. 洗う
  5. すすぎ

4つ目の「洗う」だけが洗い方だと思ってた人もいるかも知れませんが、頭皮のかゆみ・乾燥・臭い・フケをケアするには5つすべてのステップが重要です。

下準備

入浴(髪を濡らす)前に、髪をブラッシングしましょう。

絡まりがほどけるだけでなく、髪についた埃を落とすこともできて毛の流れがスムーズになります。

髪の流れがスムーズになるとお湯やシャンプーの通りもよくなって洗いやすいです。

ロングの人は毛先からやさしくブラシを入れていきましょう。

ショートなら手ぐしでもいいと思います。

予洗い

軽い汚れを落とすだけでなく、頭皮を温めて皮脂を浮き上がらせる効果もあります。

シャンプーをつけず、お湯だけで髪と頭皮をすすいでください。

洗面器などにためたお湯をかけるのではなく、頭のてっぺんからシャワーを浴びてたっぷりのお湯で流すのがコツです。

このときのお湯の温度はぬるめ(37~40°)にしましょう。

熱いと熱で頭皮を傷めてしまって、かゆみ・乾燥・臭い・フケの原因になります。

泡立て

予洗いができたら次は、手のひらでシャンプーをしっかり泡立てましょう。

泡立てネットを使うと短時間でモコモコ泡が作れます。

洗うときに泡立てるのが面倒な人は、泡のディスペンサーボトルでシャンプーを用意しておくと泡立てる手間が省けます。

キューテック(CUTECH)みたいな泡のシャンプーを使うのもひとつの手です。

頭に直接シャンプーをかけて髪の毛を使って泡立てるワイルドな洗い方は、髪と頭皮を傷めるだけですから絶対にやめてくださいね。

キューテック(CUTECH)の革新的!な泡のシャンプー&トリートメント

洗う

ついに洗い方、本番です。

手のひらの泡を頭部に乗せて、そのまま軽く塗り広げます。

泡がほどよく行き渡ったら、指を頭皮まで届くようにしっかりと伸ばし、まずは前の生えぎわから頭頂部に向けてもみもみ洗っていきます。

前が終わったらサイド、そして後頭部は首のつけ根から頭頂部へ向けて揉み洗いしていきましょう。

揉み洗いのコツは、指の腹を使うことです。

爪を立てないのはもちろんですが、力の入れすぎも刺激になってしまいます。

強さの調節が難しい人は、親指以外の4本だけを使うことで適切な力の入り具合になりますのでお試しください。

下準備と予洗いがちゃんとできていると、指どおりもスムーズです。

すすぎ

予洗いと同じくぬるめ(37~40°)のお湯を、まずは頭のてっぺんから浴びましょう。

さらにここでも頭皮を揉み洗いすると、洗う行程で浮き上がった余分な皮脂や汚れがスムーズに流れ落ちていきます。

だいたいの泡が流れたら今度はシャワーを後頭部の首のつけ根やおでこ・耳の後ろに持っていき、各生えぎわや髪の内側の流し残りをしっかり落とせば完了です。

頭皮をケアする洗い方まとめ

頭皮のかゆみ・乾燥・臭い・フケをケアしようとシャンプーやマッサージのやり方を調べる人はたくさんいるでしょう。

でも、使うシャンプーやどんなマッサージをするか?以前に正しい洗い方を知ることが、もっとも基本で重要なポイントだとわかってもらえたと思います。

紹介した洗い方で一人でも多くの人が頭皮トラブルから解放されることを祈っています。

-頭皮のかゆみ, 洗う