Help!パサパサ傷んだ髪

髪の傷みや頭皮のかゆみ・抜け毛などに悩む人を助ける情報いっぱいあります。

はがしちゃダメ!頭皮にかさぶたができる原因と治療・対処法まとめ

2017/11/07

頭皮 かさぶた
他の部位と同じように、頭皮にかさぶたができる原因も必ずあります。

今回は、虫刺されやケガをした傷など身に覚えのあるものとは違う頭皮のかさぶたについて、その原因と治療・対処法をまとめました。いつのまに頭皮にかさぶたができて困っている、治らない頭皮のかさぶたに悩まされている人は必見ですよ。

頭皮にかさぶたができる原因と治療・対処法

頭皮にかさぶたができるとつい気になって、いつも以上に頭皮を触ってしまったり、かさぶたをはがしていませんか?

ただでさえ髪の毛が密集していて蒸れやすい頭皮のかさぶたをはがすのは、流血や化膿のおそれがあって非常に危険です。

気になってしまう、かゆみがあるなどはがしたくなる要素はあるでしょうけど、はがすのはガマンして頭皮にかさぶたができる原因と治療・対処法を読み進めてくださいね。

頭皮にかさぶたができる原因

これは意外にたくさんありますが、大きく分けて以下の4つに分類されます。

  • 洗髪時の刺激
  • 髪を乾かす時の刺激
  • 食生活などの生活習慣
  • 日常生活での頭皮への刺激

ひとつひとつ見ていきましょう。

洗髪時の刺激

かゆみがあったり、汚れを落とそうと必死になって、爪で頭皮を傷つけてしまう人は少なくありません。使うシャンプーによってはシャンプーそのものの刺激もあります。

また、洗い流す時のお湯も熱すぎると頭皮に刺激を与え、かさぶたの原因になります。

頭皮のかゆみを止める!髪の洗い方を参照し、頭皮のかさぶたの原因になるような髪の洗い方をしていないか、確認してみてくださいね。

髪を乾かす時の刺激

髪の乾かし方についても近々書こうと思っていますが、髪を乾かす時にもドライヤーの熱風やとかすブラシが刺激になって、頭皮のかさぶたの原因になっていることがあります。

ドライヤーの熱風を直接頭皮にあてない、ブラシは頭皮にあてて痛くないものを使い、髪の毛をやさしくブラッシングすることを心がけましょう。

食生活などの生活習慣

肌と同じように頭皮も、油ものや甘いもの・辛いなど刺激の強いものを食べすぎると皮脂バランスが崩れることがあります。これが、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)という頭皮の病気を引き起こし、かさぶたができていることがあるのです。

おまけに、運動不足やストレス過多なども頭皮のかさぶたの原因として挙げられることがありますから、生活習慣がいかに重要なことかわかるでしょう。

日常生活での頭皮への刺激

何気ない日常生活の行動の中でも特に、日焼けや汗をかく・帽子をかぶるなどが頭皮に刺激を与え、かさぶたの原因になっていることがあります。

頭皮のかさぶたを治療するには

まずは頭皮のかさぶたを医師に診てもらい、原因を特定しましょう。

さまざまな刺激によってできたかさぶたであれば、傷薬や化膿止めを使った治療になるかと思いますが、頭皮の病気だった場合は専用の治療が必要になります。

先ほど挙げた脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)はビタミンB2・B6不足でかかることも多いため、塗り薬の他にビタミン剤が処方されるかもしれませんね。また、水虫を長年患っている人は、頭皮の水虫=頭皮白癬(しらくも)の可能性もあるそうです。

どのような場合も、皮膚科で診察・治療を受けることができます。

いずれにせよ、一日も早い皮膚科の受診が頭皮のかさぶたを治すために必要です。「病院苦手~」とか「時間がない」とか言ってないですぐお医者さんに行きましょう。笑

自分でできる頭皮のかさぶた対処法

皮膚科で診察と治療を受けたらあとはもう、頭皮を清潔に保ち、よけいな刺激を与えないようにする!に限ります。

かさぶたができているということは、傷が治りかけている状態ということです。必要であれば適切な治療を受け、刺激せずに待っていれば、いずれかさぶたはなくなります。

「待つだけじゃなくもっと何かしたい!」という人は、以下を参考にしてみてください。

頭皮を清潔に保つ

日焼けや埃などの外的な刺激から頭皮を守るには帽子をかぶるのがいいでしょうけど、帽子をかぶったまま・汗をかいたまま放置していたら清潔とは言えません。室内では帽子を脱ぐ、汗をかいたらこまめに拭くなど心がけましょう。

髪の洗い方や乾かし方を改善する

頭皮にとって刺激の少ない方法で洗う・乾かすことは非常に重要ですが、使うシャンプーのことも忘れてはいけません。私も使っているアハロバターのように、髪&頭皮にやさしい成分のシャンプーを使うようにしましょう。

ちなみに皮膚科では、コラージュフルフルを勧められることが多いそうです。

食生活を改める

原因のところでも書いた通り、油ものや甘いもの・刺激的なものばかり食べていては、せっかく今あるかさぶたが治ってもまたすぐ新しいかさぶたができてしまいます。

それを防ぐためにはやはり、食生活を改める必要があります。

とはいえ、好物をすべて絶つ必要まではありません。好物をほどほどにして、栄養バランスを考えた食生活にすればいいのです。

運動不足を解消する

運動すると、血行が良くなり新陳代謝も促進され、かさぶたも治りやすくなるでしょう。

また、運動して汗をかくことで頭皮の汗腺が刺激され、皮脂の分泌量を適切に調整されるようになってきます。そうなれば、皮脂の分泌量からくるかゆみやかさぶたは大幅に改善されますよね。

ストレスを軽減する

ストレスは万病のもとと言われます。頭皮のかさぶたも例外ではないでしょう。

多少たまるのは仕方ないこととして、適度に解消・発散させてストレスを軽減することは、頭皮のかさぶた以外にも良い影響を及ぼしますよ。

頭皮にかさぶたができる原因と治療・対処法まとめ

こうして調べてみたらいろいろな原因があって「頭皮のかさぶた侮れない!」と感じましたが、いかがでしたか?

今現在、頭皮のかさぶたに悩まされている人はもちろん、過去にかさぶたができて困ったという人も、思い返せば「これだったかも」という原因に行きついたかと思います。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)や頭皮白癬(しらくも)といった病気の場合は皮膚科で治療を受けるのが完治への一番の近道でしょう。

それ以外は、食生活などの生活習慣や日常生活の行動をちょっと改めるだけでも充分対処できるでしょうから、できることから少しずつやっていくといいでしょう。

あなたの頭皮にできたかさぶたが、一日でも早く治りますように。

-頭皮のかゆみ
-